ちょっとアレなニュース 【オカルト】夜中に読むコピペが怖い時期になってきました


(・∀・)!!ヘッドライ~ン


(・∀・)!!ヘッドライ~ン

元祖オワタあんてな | 全記事一覧 | ≪前ページ | HOME | 次ページ≫

【オカルト】夜中に読むコピペが怖い時期になってきました  

1 名前: ショウジョウバカマ(catv?)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:19:38.97+VzXNG+2● BE:237353524-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/ico/u_nyu.gif

Wii史上最恐。『恐怖体感 呪怨』先行体験してきました

AQインタラクティブより、この夏Wiiで発売の恐怖体感ゲーム『恐怖体感 呪怨』を一足先に体感することが出来るシークレット体感会イベントが、9日に開催されました。

操作は表示にシンプルで、Wiiリモコンのみで出来ます。Bボタンを押すだけで前方に進み、十字キーの下を押すと後退。
上下左右のポインティングで視界を動かします。アイテムを取る時はAボタンです。
Wiiリモコンを2個用意し、2P側がAボタンを押すと・・・何かが起こる!これはやってみてのお楽しみだそうです。家族やカップルでプレイすると盛り上がりそうです。

現在鋭意製作中と言う事で、序盤の一部のみですがプレイすることが出来ました。会場ではヘッドフォンを装着してプレイするよう準備されていました。
Wiiリモコンを懐中電灯に見立て、プレイヤーは薄暗い廃工場らしき中を散策します。この懐中電灯は電池が消費されていきますので、然電池が無くなると・・・。
電池切れになる前に新たに電池を入手する必要があります。電池は色々な場所に落ちているので、Aボタンを押して拾うことでストックすることが出来ます。

画面は非常に薄暗く、懐中電灯の光だけが頼り。恐る恐る歩いていくと物陰に何かが・・・。
エレベーターに乗ろうとしたら・・・!!!と、いった具合に随所で何か起こります。思わず声を上げてしまいました。
何か血痕が壁や床に付着していたり、物が落ちてきたりなど、何かありそうだ!とわかっていてもビビッてしまう私でした。

ステージクリア後には「あなたのビビリ度」が表示されます。プレイしている際の行動で評価されるようです。初プレイで私は75%でした。
短い体験時間でしたか、かなり怖い仕上がりに。部屋の電気を消してヘッドフォン装着してのプレイで更に恐怖を感じる事が出来そうです。
この夏の発売を期待していいと思います!度胸試しにもいい感じです。

現在鋭意製作中のWiiソフト『恐怖体感 呪怨』は、7月30日に希5040円(税込)で発売予定です。



http://www.inside-games.jp/news/351/35142.html




10 名前: オキザリス(新潟県)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:21:50.71VaPRS0qq
こういうスレで「どういう意味?」とか聞くカスって何なの?


14 名前: ムラサキハナナ(アラバマ州)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:23:25.916VKWcHF4
昨日姉貴が久々実家に帰ってきた。脱いだ服から落ちたメモに
1日:右へ
2日:左へ
3日:右目
4日:左目
5日:死ね
6日:ごめんね
7日:死ね

と書いてあった。
カレンダーを見て12月20日と気づいたのは3時間後だった

意味が解った瞬間、全身に鳥肌が立つと同時に血の気が引いた

これの意味を教えてくれ




16 名前: フジスミレ(千葉県)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:23:57.154oOAk8ts
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった




19 名前: カタクリ(長野県)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:25:05.48I+XpeS4H
>>16
妹殺されてるのに
それ片付けて何も言わない母親とか異常だろ




22 名前: シンビジューム(愛知県)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:25:51.052N0Dtfjz
山こわ
http://yamakowa.fc2web.com/frame.html




24 名前: イブキジャコウソウ(西日本)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:27:25.899Uk4A9Xi
270 本当にあった怖い名無し sage 2006/03/22(水) 01:06:31 ID:/Pg1Ijsw0
他スレの話だけど本当だったら洒落にならないと思う…
1 :本当にあった怖い名無し :2006/02/04(土) 01:10:27 ID:iGZ5enWl0 
n00051_20090514033306.jpg 
絶対に見てはいけません

11 :1:2006/02/04(土) 01:18:59 ID:iGZ5enWl0
【画像を見てしまった人へ】
供養させて頂きますので、次の準備をして下さい。
コップ一杯の水を用意して下さい。
用意できたところで呼び出してください

17 :1:2006/02/04(土) 01:25:57 ID:iGZ5enWl0
>>14さん
では、供養します。

電灯の明かりを消してください。
消して頂いた時点から供養を開始します。
また、呼び出してください。

21 :1:2006/02/04(土) 01:29:17 ID:iGZ5enWl0
>>14さん
>>19さん
昇抜天閲感如来雲明再憎
昇抜天閲感如来雲明再憎
昇抜天閲感如来雲明再憎




32 名前: イブキジャコウソウ(西日本)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:29:48.059Uk4A9Xi
271 本当にあった怖い名無し sage 2006/03/22(水) 01:07:02 ID:/Pg1Ijsw0
22 :1:2006/02/04(土) 01:30:38 ID:iGZ5enWl0
>>14さん
>>19さん

すぐにコップの水を飲んでください。

25 :1:2006/02/04(土) 01:31:59 ID:iGZ5enWl0
以上で供養は終了です。
邪念は取り払われました。
おつかれさまでした。




37 名前: イブキジャコウソウ(西日本)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:31:27.079Uk4A9Xi
273 本当にあった怖い名無し sage 2006/03/22(水) 01:08:33 ID:/Pg1Ijsw0
507 :本当にあった怖い名無し :2006/03/12(日) 14:40:50 ID:Q1OlnP930
えっと
>>1
の画像は、実はなんも影響なくて、
問題なのは、
こいつがやらせた事がかなりやばい。

>>1
の言われるまま水を飲んだ奴、かなり大変な事になると思うよ。
なぜ供養という表現を使ったか、どうして水を飲ませたか、よく考えれば
とんでもない事させたという事が判るはず・・・
512 :本当にあった怖い名無し :2006/03/12(日) 23:03:29 ID:WiwdlDQwO
>>507
俺も思った

最初から読んでたらアレ、これって…って違和感を感じたが
これ、質悪い呪いの一種だろ

521 :本当にあった怖い名無し :2006/03/12(日) 23:32:57 ID:7RIyZzCiO
最初の方読んでみたけど
1か対処法つたえたあとの、「呼び出してください」という表現が妙に怖い
普通は呼んでください、だろ?呼び出せってなんなんだよ
あと、お経の言葉みたいな最後の「再憎」の文字が怖すぎる
どうみても供養の言葉には見えん
以上、なんの知識もない漏れの感想ですた




29 名前: ヒヤシンス(神奈川県)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:29:12.23GCQQsDpz
「私、メリーさん。今、あなたの後ろに…」

またいつものクセがでてしまった。自分の馬鹿らしさに苦笑する
もう涙は流しつくしてしまった。泣きたくても泣けない。いや、泣いてはいけない
泣いてしまえばきっと彼はあの困った顔でオロオロするだろう
気が付いたら私がいつも後ろにいて、声をかけられ振り向き、そう。あの表情だ


彼に憑きまとい始めて半年
あの夜、緊張した顔つきで彼は言ったのだ
「お、お腹すいただろう?コ、コンビニで何か買ってくるよ!」
そういって彼は近くのコンビニへ逃げ出すように部屋を出て行った
驚いた。驚いて声が出なかった。そして、それ以上に嬉しかった
私は今風に言うとストーカーだ。しかも人間じゃない。なんて傍迷惑な存在だろう
それなのに彼は、私にやさしくしてくれたのだ
私の存在を、認めてくれたのだ
私は顔を真っ赤にしてボーっとしていた。頭が沸騰するとはああいうことなんだろう
頭の沸騰は、救急車の音が近くのコンビニに止まるまで続いていた


あの時、何故彼の後ろにいなかったのだろう
いつも彼の後ろにいたのに、何故あの時彼の後ろにいなかったのだろう

血まみれになった彼の右手のコンビニ袋には、二つの肉まんが入っていた

そう。彼は、もういないのだ




35 名前: ニョイスミレ(長屋)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:30:51.84oSDGIIdU
学校から帰って台所で麦茶を飲んでいると
床下の収納スペースに死んだお母さんが押し込められているのに気がついた

隣の部屋からお父さんが出てきた
「由美?、お母さんは他に好きな人がいたんだ、お前のことも捨てて
出て行こうとしていたんだ、だからけんかになってさっき殺してしまった」
と泣き出した

私はお父さんを警察に突き出すつもりはない
このまま二人で暮らしていこうと思った

着替えのため自分の部屋に行くとメモ帳の切れ端が落ちていた
「由美、?逃げて お父さんは 狂っている」


あなたなら、お父さんと、お母さん、どちらを信じますか?




36 名前: シンビジューム(福岡県)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:31:25.66mEDjrGZc BE:328917683-PLT(15101)
sssp://img.2ch.net/ico/u_naoruyo_bath.gif
小学生の頃、クラスにWさんという女子がいた。彼女は先天的な病で体がただれていて、声もうまく発声できなかった。
大人しい子でいつも本を読んでいた。
男子の友人はいなかったが、女子の友人は不思議と多いようだった。

修学旅行で旅館に泊まった時、友人が女子の部屋に遊びに行こうと言い出した。
俺も同意して、どうせだからこっそり行って驚かせてやろうってことになった。
そしてクラスで一番人気のあった女子のいる部屋に行く事となった。
こっそりドアを開けると(どのように鍵を開けたかは忘れた)恐ろしい光景が。

体育座りで座り込むWさんを円になって囲むようにクラスの女子全員が立っていた。
そして、Wさんに対して「豚」「焼けど野郎」などと罵声を浴びせていた。
さらにクラスで最もかわいかった子が「じゃあ、カツラはずしまーす」と笑いながら言ってWさんの頭に手を伸ばした。
次の瞬間、Wさんの髪の毛が全部その女の手にあった。Wさんは頭皮も病気で、髪の毛が生えないためカツラをしていたのだ。
男子は誰もそれを知らなかった。
ショックで何が何だかわからない俺の前で女子はWさんを蹴飛ばしたりカツラをライターであぶったり。
Wさんはかすれた声でうめく。助けを呼びたくても呼べないのだ。
俺と友人は無性に怖くなって見つからないように逃げた。

次の日、Wさんもクラスの女子も何事も無かったように京都を観光していた。
それが一番怖かった。




41 名前: ジョウシュウアズマギク(千葉県)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:33:39.330lt9pt73
>>36
こういうのが怖いな




61 名前: ウグイスカグラ(ネブラスカ州)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:39:24.94OLczkAr7
朝起きたらちんこが紫に腫れ上がってた



73 名前: ウバメガシ(ネブラスカ州)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:42:32.52UWJYq/tk
>>61
エコエコアザラク
エコエコザメラク




89 名前: 藤(dion軍)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:46:13.19Ehjkrjak BE:2256139878-2BP(5558)
sssp://img.2ch.net/ico/gikog_gomibako4.gif
ある日二人の男女が
雪山を登っていました
けどいざ山を降りようとすると
降っている雪が突然激しくなり
下山するのを断念しました
けどこのままでは
死んでしまうと思い
近くに家がないか探しました
すると少し歩くところに
木でできたボロボロの
家がありました
あそこに止めてもらおうと
二人の男女は歩いていきました
そしてノックをしました
ートントン…
応答はありません
男女は寒さのあまり
我慢ができなくなり
その家にはいりました
その家はストーブがついた状態で
とても温かくなってました
誰かの家ということも忘れて
男女は就寝に
つこうとしていました

つずく




91 名前: 藤(dion軍)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:47:04.04Ehjkrjak BE:1208646465-2BP(5558)
sssp://img.2ch.net/ico/gikog_gomibako4.gif
そのとき
ートントン
男女は顔を合わせました
「誰ですか?」
返事はありません
「ここのかたですか?」
またもや返事はありません
なので男の人は言いました
「では、はいの時はノックは一回してください。いいえの時はノックを二回してください」すると
ートン
と返事がきたので男は
「あなたはここの人ですか?」
ートントン
違う…
「あなたは一人ですか?」
ートン
一人…
そして男は最後の質問をしました

「あなたは人間ですか?」



ードンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン!!!!!!!!!!

次の日そこの家は血だらけだったという




115 名前: キブシ(関東)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:51:13.803wEWCEde
>>91
なんでみんな死んだのに話が残ってるの?
馬鹿なの?
もうちょっとリアリティ持たせろよ




90 名前: オオバクロモジ(catv?)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:46:24.79xm0r7Oiz
dion

お前にはがっかりだ




96 名前: シンビジューム(福岡県)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:48:35.89mEDjrGZc BE:274098454-PLT(15101)
sssp://img.2ch.net/ico/u_naoruyo_bath.gif
大昔、とあるホームページで、「怪我をしたかわいそうな動物に寄付を」というのがあった。
片足が無い犬や、内臓が飛び出た猫たちの画像があり、目を背けたくなるようなものばかり。
だが、回復経過の画像を順を追って掲載していたので寄付もそこそこ集まっていたようだ。
ちゃんと寄付を手術に充てているようで、元気な姿にホッとさせられるホームページだった。
しかし・・・いくら何でも無くなった手足が再生するか?見るからに死んでなかったか?
それに、そんなに街に負傷した犬猫がホイホイいるものか?
疑問に思い、ふと画像のファイル作成日時を調べてみた。
完治後の姿の画像は、無残な姿で横たわる画像より以前に作成されていた。




124 名前: ニョイスミレ(岐阜県)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:53:24.960AOltqEk
18の時に神社の足場を親方の奥さんと2人で組んでいたら美人の巫女さん2人が休憩しませんか?とお茶を持ってきてくれた
当時童貞で硬派を気取っていた俺は無言で足場(3メートル)から飛び下りたが3超ロングのニッカ服だった為裾をひっかげて
宙ぶらりんになったあげくズボンが脱げてしまい足場で顔とお腹を強打しつつ下半身丸出しで巫女さんの前に投げ出された
落ちた時に体の側面を強く打ってしまいブッ!と屁をこきながら軽く失禁してしまった痛くて意識が朦朧としていたが
オシッコだけは止めようと思ったがチョロ…チョロチョロと垂れ流し状態に…
帰ってから泣きながらオナニーしたあの時の巫女さんの顔が今でも忘れられない…




126 名前: ホトケノザ(愛知県)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:53:40.60KQFP+aci
先日、俺が妹の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた。
最初は泥棒かと驚いたんだけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくる。
ちょっと薄気味悪くなって、「貴方は誰ですか、何をしているんですか?」って尋ねたら、
「バカヤロー!」って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまった。

その後、帰宅した妹に事情を話したんだけど、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。
両親も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった。

もしかすると家族は俺の知らない秘密を抱えているんだろうか?
いま思い出しても背筋が凍る思いだ。




127 名前: セイヨウオダマキ(関西・北陸)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:53:42.16SdMOxNMA
洗面所で歯をみがいていたら、
右足の親指がなぜかくすぐったい
何?と足元を見ると
10センチくらいあるムカデだった




128 名前: オオバクロモジ(catv?)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:53:42.40xm0r7Oiz
アパートの玄関をせめておしゃれにしようと簡易石畳をしいた。
数日後玄関からかすかな音がするのに気づいた。

誰だ。ドアをさすっているのは…?

「すり…すりすりすり…すりすりすりすりすり…さらさら…」

おもむろに玄関に近づくと石畳の下から聞こえる。

思い切って石畳を剥がしたそこには!

無数のゴキブリで埋め尽くされていた

実話orz




141 名前: シンビジューム(アラバマ州)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:56:01.41D7L2W1VR
数年前、ふとある村の事を思い出した。
一人で旅行した時に行った小さな旅館のある村。
心のこもったもてなしが印象的だったが、なぜか急に行きたくなった。


連休に一人で車を走らせた。
記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。
村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、
その看板を見つけたときあれっと思った。
「この先○○km」となっていた(と思う)のが、「巨頭オ」になっていた。
変な予感と行ってみたい気持ちが交錯したが、行ってみる事にした。
車で入ってみると村は廃村になっており、建物にも草が巻きついていた。

車を降りようとすると、20mくらい先の草むらから、
頭がやたら大きい人間?が出てきた。

え?え?とか思っていると、周りにもいっぱいいる!
しかもキモい動きで追いかけてきた・・・。
両手をピッタリと足につけ、デカイ頭を左右に振りながら。

車から降りないでよかった。
恐ろしい勢いで車をバックさせ、
とんでもない勢いで国道まで飛ばした。
帰って地図を見ても、数年前に言った村と、
その日行った場所は間違っていなかった。

だが、もう一度行こうとは思わない。




142 名前: 藤(dion軍)[] 投稿日:2009/05/10(日) 23:56:05.23Ehjkrjak BE:1289223348-2BP(5558)
sssp://img.2ch.net/ico/gikog_gomibako4.gif
怖いから部屋から風呂まで
全部電気つけて風呂入ってきた\(^o^)/

だるまさんが転んだは平気だった
むしろ風呂出て部屋の電気つける時
掛けてた鞄が落ちた時のほうがビビったw




149 名前: ニョイスミレ(岐阜県)[sage] 投稿日:2009/05/10(日) 23:58:45.210AOltqEk
マンションのエレベータ待ってる間に靴ひも結んでたら
すげぇかわいい女の子が下りてきてかがんでる俺に気付かずに誰もいないとおもったのが
「ブブーーースバスバッ!!スバッ!」って屁こいてビビった
思わずなぜか俺が「あっ、すいません」って謝ってしまったんだが
すげぇ賢者みたいな顔して走って行ったわ
もちろん屁を全力嗅ぎして自室でチンシュしたことは言うまでもない




154 名前: アクイレギア・スコプロラム(アラバマ州)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:00:29.51OiM7Ziti
↓の意味不明な投稿から数年後、友人と思われるやつの話が繋がって怖かったな

僕はいつも学校に行くためにバスに乗ってるんですけど、
そのバスは右に曲がった
そのいつも乗ってるバスで、ある日おかしな事があったんです。
だって、いつものような、おばあさんもがいるから、
最後まで行ったんです。痛いから。
それで、そこまでは別に良かったんですけど、めちゃくちゃ
大きい紙袋の紙じゃない版みたいなのがあって、
ボールみたいなのもあって、シルクハットをかぶってる人も
いっぱいいたんです。
おかしいですよね?普通の道を通ってるのに。
それでもバスはずうっと普通に進んでたんですけど、
ある道を左に曲がった所で、いきなり急ブレーキをしたんですよ。
それで、本当に急にキー---って止まったんで、
中に乗ってた人が、バランスを崩してこけそうになったんです。
僕は席に座ってたんで大丈夫だったんですけど。

でも、本当におかしい事は、学校に行く直前に起こったんです。
そのバスはいつも、大きな公園の横を通って行くんですけど、
その頃、ちょうどそのいつもの道は工事してたんで、
ちょっと遠回りして、トンネルがある方の道から行ってたんです。
それで、そのトンネルのちょうど真中ぐらいまで通ったところで、
そのバスが”ガチャ”とか言いながら止まったんです。
僕はもちろんおかしいな、と思いました。
で、気づくと、バスは既に学校前のバス停に着いてました。
僕は、あれ?おかしいなぁ?とか思いながらバスを降りて、
その日も普通に学校に行きました。
そのバスに乗ってた人はもうみんな死んだんですけど。




158 名前: アクイレギア・スコプロラム(アラバマ州)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:01:26.15GY9pJFaE
>>154 続き
2年後の投稿がこれな
ttp://syarecowa.moo.jp/60/503.html




161 名前: アグロステンマ(東京都)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:01:59.12udeVrcrr
2年程前から、隣町に住んでる女に言い寄られてた
高校からの友達で性格は良いんだけど顔が好みじゃないから、
やんわりと付き合えないと断り続けてた
その頃仕事も上手くいかず、悪いことは重なるもので母ちゃんが事故で死んだんだ
同情だけは絶対にされたくないから、
母ちゃんが死んだことを誰にも言わず一人で落ち込んでた
母ちゃんが死んだその日の夜、その女から電話が
「お母さん亡くなったらしいね・・・。」
「・・・」
「今まで言わなかったけど、私もお母さん死んだんだ・・・
昨日だよ。家の階段から落ちたんだ・・・」
「・・・え?」
「・・・一緒だね」

・・・この一言で救われた様な気がした。彼女なら分かってくれると思った
同情なんていらないと思ってた。ただ甘えたかったんだ
抑えてた感情が一気に溢れ出し、大の大人がわんわん泣いちまった
そんな俺の醜態にも、彼女は一緒になってわんわん泣いてくれて、
いつしか彼女のことが好きになってた
これが俺と嫁のなれ初め




178 名前: シンフィアンドラ・ワンネリ(福岡県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:06:42.26gUw8Pgq+ BE:493377449-PLT(15101)
sssp://img.2ch.net/ico/u_naoruyo_bath.gif
>>161
これ女の子がストーカーで、親しくなる為に母ちゃん殺したんかな・・・・




163 名前: カロライナジャスミン(兵庫県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:02:53.28C2lyc6SK
僕の部屋に彼女が遊びに来た時、気が付いたら彼女は誰かにメールしてた。
『誰にしてるの?』って聞いても『ん?ちょっとね』って教えてくれない。
少しムッときて、『まさか他の男?』と不機嫌さを隠さずに言ったら、
『そっちだって、他の女の子とメールやってるんじゃない?』
って怒ったように言い返してきた。

予想外の切り返しにビックリしたけど、疑われたままではいられない。
『僕が君以外の女と?疑うんなら見ればいいじゃん!』と言って
ポケットから携帯を出し、彼女の前でこれ見よがしに開いてやった。
すると、携帯を開いたまさにその瞬間、誰かからのメールが着信。

これ以上ない最悪のタイミングに動揺しつつ
『・・・・どうせ広告か何かだろ』と高をくくり、そのメールを開いてみた。



件名:無題

本文:後ろを絶対見ないで!何も聞かないで!
    このメール見たら私と急いで部屋を出て!!




168 名前: カタクリ(富山県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:04:09.32nxy1jNzf
ある大学に、幽霊は存在するか実証しようとした研究グループがあった。
その実験には、最新の科学機器が用いられた。

実験場所は、「出る」と評判の廃墟で、当然電気など通っていないので、
各機器に影響を与えないよう設計された特製の自家発電機まで持ち込まれた。

部屋の中の電波、音波、温度変化はもちろん、
各研究員の脳波、心拍数、発汗なども全て数値化する。
人間以外にも犬、猫、マウス、コウモリまで連れ込み、同様に身体変化の数値化を行った。
これは、人間と人間以外の「霊感」の有無を検証するためでもあった。


真っ暗な廃墟の中に、機器の動作音と研究員の息遣い、
動物たちのケージから聞こえる音だけが響いた。
午前二時から夜明けが来る午前六時まで、その無言の実験は続けられた。

総合的な数値結果が出たのは4日後のことだった。
結果、部屋には何の変化もなく、動物たちにも変化は見受けられなかった。
人間だけが顕著な変化を示したが、
これは暗闇の恐怖と実験の緊張から来るものと分析された。

「教授、やっぱり幽霊はいないんですね」
「動物たちに何の変化もないのはなぜだと思う?」
「え?」
「見慣れたものが見えても彼らには変化は起きない」




170 名前: イブキジャコウソウ(京都府)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:05:01.251fDKFgNc
俺は原付に乗って買い物に出かけた
普段どうり国道を走っていると真っ赤なワンピースを着た綺麗な女性が眼に映った
お、綺麗な人だな、そう思った瞬間俺は対向車線から来たトラックに撥ねられた
柔道を習っていた俺はとっさの瞬間受身をとる事ができたため両足を骨折する重傷ですんだ。

それから半年たったある日友人のKが同じくトラックに撥ねられた
直ぐに病院に駆けつけたが、Kに意識は無くその後死亡した
その場で救助に当たった人の話によるとKは「赤いワンピースを見てついよそ見しちまった・・・」
と呟いていたという、俺は驚いた。
アレは死神なんじゃないか?俺がそう思っている頃またあそこで事故が合ったらしい
話を聞いてみるとひき逃げらしく、この辺りは見通しがいいにも拘らずそういう事故が多いらしい
俺はあの赤いワンピースの女が死神だと確信した

数日後俺はバイトの先輩Tさんの車に乗ってその道を走っていた
Tさんは実家が寺で非常に霊感が強いらしく、俺は死神の話をしてみた。
「ふーん」っと素っ気なく聞いていたTさん、だが少し走ってからTさんが突然
「あの女か!」と叫んだ。見ると確かにあの赤いワンピースを着た女が道を歩いている!!
「そうです!あの女です!!」俺が叫ぶと「そうじゃない!あっち事だ!!」と正面を指すT先輩
見ると顔の抉れた女が対向車線を走るトラックの方向を狂わそうと、車体に飛び移っている所だった!
「ハンドル頼んだぜ・・・」Tさんはそう呟くと車の窓から上半身を外に出し、狙いを定め
「破ぁーーーーー!!」と叫んだ、するとTさんの両手から青白い光弾が飛びだし、女の霊を吹き飛ばした
「これで安心だな・・・」そう呟いて片手でタバコに火をつけるTさん。
寺生まれってスゲェ・・・その時初めてそう思った。




183 名前: ラッセルルピナス(静岡県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:07:39.11KY69xHf8
72 名前: プリムラ・インボルクラータ(東京都) 投稿日: 2009/05/06(水) 00:42:34.11 ID:px5mpKkQ
【人間プレス】
動画概要

シーン1:薄暗い地下室で子供が泣いている。(裏切り者のマフィアの子供)
シーン2:裏切り者のマフィアがドラム缶の中に入れられて、首だけ出している。
シーン3:透明な分厚いアクリル板が2枚設置された部屋に嫌がる子供を入れる。
シーン4:アクリル板の間に子供を立たせて首輪をつけられる。
シーン5:裏切り者のマフィアが号泣している。
シーン6:エンジン音みたいな音が轟く。
シーン7:アクリル板がゆっくりと動く。
シーン8:子供が泣きじゃくる。
シーン9:子供が身動き取れなくなる。
シーン10:ウギャというもがき声を発する。
シーン11:エンジン音が激しくなり、メキッという不気味な音がする。
シーン12:子供が「ゲーーーー」という音を発する。
シーン13:頭が15cmくらいまで押しつぶされ、体液が隙間から出てくる。
シーン14:1cmくらいまで押しつぶされて、黒い血が隙間からあふれ出る。
シーン15:アクリル板の横から撮影。
シーン16:フィルムが終わる。

誰かこれの詳細教えてくれ怖すぎる




189 名前: シュロ(大分県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:10:03.58P+oKxaDp
>>183
昔オカ板のグロスレで普通に貼られてたよ




184 名前: ショウジョウバカマ(dion軍)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:07:41.26oEE268tF BE:805764454-2BP(5558)
sssp://img.2ch.net/ico/gikog_gomibako4.gif
あの恐怖体験をする迄は、私には猫をいじめる癖がありました
猫は用心深く、人の姿を見るなりパッと逃げてしまうので、どうにも気に入らなかったのです
皆さんは、「猫は自分より低い場所に居る物に対してあまり警戒しない」と言う事をご存知でしょうか?
ブロック塀や自動車の屋根の上の様な高い位置に居る猫には、実は容易に近づく事が出来るのです
まず関係のない所に視点を置き、時々猫の方をチラチラうかがいながらそっと近づけば、大抵の場合その場から逃げずに待って居てくれます
(この時チラチラ見る理由は、こちらに敵意がない事を知らせる合図なんだそうです)
私はその方法で難なく猫を捕まえる事に成功しました
それが凶凶しい恐怖体験の始まりだったとは....

そいつは近所で良く見掛ける丸々と太った白い猫で、飼い主は特に居ないらしく皆して餌をやる為これほど太ったようでした
私はその猫の両脇を持って2度3度自分の股の間をぶらぶらさせ、勢いがついた頂点で思い切り空中に放り上げてやったんです
勿論、幾ら猫嫌いの私でも別に地面に叩き付けて殺すつもりはありません
アクロバチックに近くの家の窓の片屋根(ひさし)の上へと着地させる積もりだったのです
ところが、その猫は想像以上に運動神経が鈍かったらしく、あれよあれよと屋根の傾斜を転がって下まで落ちてしまいました
猫は自分の体重を足だけでは支え切れず顔から地面にぶつかり、短く「ぎゃん」という苦痛の悲鳴を上げました
猫というのは私の経験上、ちょっとやそっとでは苦痛の態度を現わしませんから、悲鳴を上げたと言う事は落下のショックで脳か内臓にでもダメージを受けたのかも知れません
この時初めて私は罪悪感に襲われました
心配ですぐに駆け寄ろうとしましたが、猫はおびえて脱兎のごとく逃げてしまいました
それっきりです
以後その猫の姿を見る事は全く無くなってしまったのでした




188 名前: ショウジョウバカマ(dion軍)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:09:48.51oEE268tF BE:1410087375-2BP(5558)
sssp://img.2ch.net/ico/gikog_gomibako4.gif
しかし!
それから随分月日がたった頃.....
夏の蒸し暑い夜の事でした
私はもうすっかりあの猫の事など忘れてしまい、
彼女と二人で扇風機を回しながら楽しくテレビを観ていました
その時です
不意に、
「ニ″ャーーン、ニ″ャーーン、ニ″ャーーン....」
と、粘り付く様な猫のしゃがれた鳴き声が家外の暗闇からネットリと響いて来たんです
咄嗟に目をやると、片側に開け放った曇りガラスの向こうに、
いつの間にやら白い影がゆらゆらと揺れて居ました
私は直感的にあの白い猫だと悟りました
次に蛍光灯がゆっくりと薄暗くなって行くのが分かりました
彼女はそれを見上げながらオロオロするばかりでしたが、
私は彼女越しに見える窓の白い影から全く目が離せませんでした
なおも薄気味悪い鳴き声が続きます
それはだんだんと、
「ニ″ャーーン、に″ゃーーン、に″ゃーーん....」
猫と言うより人がふざけて猫の物真似をする様な声に変わって行きました
さらにその内、
「ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん......」
と、大人の男が赤ん坊の泣き真似をするような不気味な声に変化して行ったんです
私も彼女も逃げる事すら忘れ、完全に怯えて固まってしまいました
そしていきなり!!!
網戸の所から真横に寝た男(人間)の頭がにゅっと出てきて大声で怒鳴ったんです
「ぎゃーーん!!」
私達は余りの光景に自らの目を疑いました
その男の首は、白い猫の横っ腹からキノコの様にニョキッと生えていたからです
(其の他にも気味の悪いぐにょぐにょした何か?もいっぱいくっついていました)




193 名前: シンフィアンドラ・ザンゼグラ(神奈川県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:12:00.02ank9x2UJ
小さい女の子が誘拐された後、実家に送られてきた犯人からと思われる怪文書
あれが今まで一番ぞっとしたわ




201 名前: シデ(関東・甲信越)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:14:08.13nf02a3Mt
>>193
三重だっけ
あれ未解決事件だしな




234 名前: シンフィアンドラ・ザンゼグラ(神奈川県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:24:37.57ank9x2UJ
>>201
うん
あれはオカルトどころか現実に起きたことだからな・・・
マタワレの意味することを想像すると怖すぎ




250 名前: シデ(関東・甲信越)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:28:07.12nf02a3Mt
>>234
おまけに福岡の霊能者が協力名乗り出て、
すぐ取下げたりな

マタワレは売春婦って意味らしいが




276 名前: オダマキ(長崎県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:34:12.65KUXhJZoO
>>250
http://d.hatena.ne.jp/B-BOY/20071117/
これか?
なんとまぁ奇妙な話だな

家出連れ去られたのに、家のものはそのままっていうことは争った形跡が無いってことだよだな?




292 名前: アメリカヤマボウシ(栃木県)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 00:37:38.08AiNjvEUW
>>276
こえええええええ




196 名前: イモガタバミ(dion軍)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:12:47.21tEJVFWdX
ある日、平穏な家庭に赤ちゃんが一人産まれました。
その赤ちゃんは驚いたことに、産まれたばかりですぐに言葉を発したのです。
第一声は、 「おじいちゃん」でした。おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうです。
ところが次の日、おじいちゃんは死んでしまいました。
赤ちゃんはまた、言葉を発しました。 「おかあさん」と。
そして次の日には、おかあさんが息を引き取りました。
おとうさんは震え上がりました。どうすればいいんだろう・・悩みに悩みました。
一時は子供を殺す事まで考えましたが、さすがにそれは出来ませんでした。
そして、ついに赤ちゃんは言いました。「おとうさん」と。
お父さんは半狂乱になりました。
次の日、隣のおじさんが死にました。




198 名前: シンフィアンドラ・ワンネリ(青森県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:13:41.46jVvxklPP
子どもの頃の話。

子どもの頃、僕は2階建ての借家にすんでいた。
母親も仕事をしていたので、学校から帰っても自分一人のことが多かった。
ある日、夕方遅く学校から帰ってくると、家の中が暗い。
「おかあさ~ん」と呼ぶと、2階からか小さな声で「はあ~い」と
応える声がする。もういっかい呼ぶとまた「はあ~い」。
自分を呼んでいるような気がして、2階へあがる。
階段をあがったところでまた母を呼ぶと、奥の部屋から「はあ~い」と声がする。
奇妙な胸騒ぎと、いっこくも母に会いたいのとで、奥の部屋へゆっくりと
近づいていく。
そのとき、下で玄関を開ける音がする。母親があわただしく買い物袋をさげて
帰ってきた。「しゅんすけ、帰ってる~?」明るい声で僕を呼んでいる。
僕はすっかり元気を取り戻して、階段を駆け下りていく。
そのとき、ふと奥の部屋に目をやる。
奥の部屋のドアがキキキとわずかに動いた。
僕は一瞬、ドアのすきまに奇妙なものを見た。
こっちを見ている白い人間の顔だった。




206 名前: アグロステンマ(東京都)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:16:12.98SHdqG7O4
最初に書いておくが、この事件は迷宮入りであり、犯人はわかっていない。
 昭和10年代、福井のある村で、ある小売商の家に夜半10時頃、訪問者があった。
本家からの使いです、といって表戸を叩くので、細君が起きて出てみると、赤毛布を頭からすっぽりかぶって、
本家の提灯を持った男が軒先に立っている。本家で急病人が出たから、呼んできてくれと頼まれたというのだ。
 急いで亭主はその男とともに家を出ていった。
 本家からその家までは8キロほどある。亭主を送りだしてやった妻は心配しながらも、子供たちを再度寝かしつけて、
自分もうとうととした。しかし2、3時間後、また戸を叩く音がした。
 出ていくとまた赤毛布の男である。彼は「病人はとても朝までもたなそうだから、女房も呼んでくれと言われ、
迎えに来た」と言った。細君はすわ大変とばかりに、子供と親しい近隣の家にあずけて男とまた一緒に出ていった。
 すると1,2時間たって、今度は子供を頼んだ隣家の戸を叩く者がいる。また赤毛布の男で、顔は見えない。
「両親が、子供も連れてきてくれというので迎えに来た」
 と男は言った。しかしその家の細君は、こんな夜中に子供に風邪をひかせては大変だし、もうぐっすり眠っているから
明日にしておくれ、と言った。男は再度頼んだが、彼女は頑として応じなかったので、赤毛布の男は不承不承、帰っていった。

 ところが数日後、この小売商の夫婦は惨殺されて河に投げこまれているのが発見されたのである。
 犯人があの赤毛布であることは明らかである。
 が、物取りにしてはひとりひとり誘い出すなど、念が入りすぎている。また子供まで誘い出して殺そうとしたことなどから考えるに、
怨恨としても相当根の深いものだ。
 本家の提灯を持っていた、ということからしてすぐに犯人は割れるものと思われたが、結局何ヶ月たっても犯人の見当はつかず、
迷宮入りになってしまった。
 しかし男が終始顔を見せなかったこと、子供だましの嘘でふらふらと夫婦ともども出ていってしまったこと、子供だけは、
まるで隣家の細君が護符でもあったかのように守ってみせたことなど、まことに不気味な事件と言っていいだろう。




214 名前: オランダミミナグサ(三重県)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 00:19:53.84NRmaxo00
【7:32】トルルルルー電話の着信で起きる「今あなたの家の前にいるの…」うざいからシカト
【7:55】朝食で昨日の残りの鍋を温めようとフタを開けると、生首が俺を見てる…シカト
【8:24】車で会社に向かってる途中後ろからババアが追い掛けて来る、アクセル全開でシカト
【10:30】ディスクで俯いてると白い手が足を触ってくるから、そのまま踏み潰す…動かなくなった
【12:06】お昼を食べに外に出ると横断歩道で変な男が「よくわかったな‥」とほざいてる…シカト
【17:15】仕事が終わり駐車場に向かってると前からマスクを付けた女が「私キレ……」顔面に右ストレートを食らわす、動かなくなった
【17:25】着信履歴が16件かけてみると…「私メリーさん…今あな…」ピッ うざい
【18:03】車を走らせてると前方に下半身が無い女がうつ伏せになり俺を見てる…そのままひき殺す
【18:40】家に着き部屋に行くとベットの下に変な男がいたので、ボコボコにする…大の大人が亡くなる
【19:01】着信履歴が20件かけてみると「今あなたの後ろにいるの…」後ろは壁だ
【21:25】トルルルルートルルルルー…ピッ 電源を切る
【21:50】今日は疲れたので早く寝る
【04:44】ふと目を開けると天井に女がへばりついてる、俺は金縛りのようだ…だが睡魔には勝てない……寝る




236 名前: シュッコン・バーベナ(愛知県)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 00:25:16.98KWNQR6gj
ある夫婦が中古の家を買った。
値段も安いし周囲の環境も良く、日当たりも良好。
中古とはいえ何もかも申し分のない家だった。
ところがある日のこと、夫が廊下を歩いているとそこに一本の赤いクレヨンが落ちている。
彼ら夫婦に子供はいない。
だから、家の中にクレヨンなどあるはずがない。
変だなと思った彼だが、おそらくは前の住人の忘れ物だろうと判断し、深く考えずにそのクレヨンを拾うとゴミ箱に投げ込んだ。

数日後の朝、彼が新聞を取りに行こうと廊下に出ると、あの日と同じ場所にまた赤いクレヨンが落ちていた。
さすがに不思議に思ってそのことを妻に話すと、彼女の顔がさっと青ざめる。
「実は私も昨日掃除をしている時に廊下に、赤いクレヨンが落ちていたので拾ったのよ。あなたが言っているのと全く同じ場所で」
もしかして、知らない間に近所の子供でも入り込んできたのだろうか。
しかし、そうだとすれば家の中のどこかに落書きがあってもいいはずだ。
クレヨンだけが落ちているとなると、これはなんとも不気味な話じゃないか・・・
恐くなった二人はいつもクレヨンが落ちている場所の周囲を調べてみることにした。
あらためて廊下を調べた二人は奇妙なことに気づく。
この家は間取りがおかしいのだ。
家の図面を見てみても、外から見た感じでも、この家には本来ならばもう一部屋あるはず。
その部屋があるべき場所というのが、例のクレヨンが落ちている廊下のすぐ前なのだ。
二人が問題の場所の壁を叩くと、そこだけあきらかに周囲と音が違う。
夫が壁紙を剥がしてみると、そこには念入りに釘で打ちつけられた引き戸が隠されていた。
彼は釘を全て引きぬくと引き戸を開き、閉ざされた部屋の中へと足を踏み入れる。
するとそこはガランとしたなにもない部屋。
そして、その部屋の真っ白な壁は、赤いクレヨンで書き殴られたこんな文字でびっしりと埋め尽くされていた。

「おかあさんごめんなさいだしておかあさんおかあさんおかあさんおかあさんおかあさん・・・」




245 名前: シンフィアンドラ・ワンネリ(青森県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:26:30.55jVvxklPP
ある男がひとりで登山に出かけたまま行方不明になった。
3年後湿地帯でその男の遺骨が発見され、遺留品も回収されたが、
そのなかには、テープレコーダーがあった。
テープには大声で助けを求める、男の声が録音されていた。
男はどうやら何かけがをして、動けなくなったらしかった。
テープことはマスコミにも公表されたが、遺族も警察関係者も
公表をひかえていた部分があった。
そのテープには助けを求めるメッセージとは違うものも録音されていた。
何かに非常におびえた男の声だった。どうやら夜に何かがおこっているようだった。
男は必死にテープにむかって口述している。
一日目
「夜になると人の声がする・・・ 呼ぶ声がする・・・ こんな夜中に誰もいないところに・・・
だれもいないのに・・・」
二日目
「たすけて・・・ 声がする。夜になるとあいつがやってくる・・・ 暗闇から呼んでいる・・・
昨日より近くなっている・・・ おそろしいよ・・・ おねがい、たすけて・・・
とてもこわい、とても・・・ だれかたすけて・・・」
三日目
「近くまで来ている・・・ たすけて・・・ 人が・・・ヒッ・・・ ・・こわい・・ 近くまで来ている・・・
おねがい、たすけて・・・ おねがい、おねがい よぶ・だれも・・・ ひ・あいつ・・ちか・・・・
こわいよ・・たす すぐそばまで・・たすけ・ こえが・・・ おねがい、・・た・・・・て」
こうしてテープはそこで切れている。 それ以後、男はテープに何も録音していない。
警察はこのテープをくわしく分析した。 テープはずっとその男の声だけで、他の怪しい物音は
入っていなかった。 しかし、三日目のテープが最後に切れるところで、 これまでとは違う音が録音されていた。
そのことに関して、分析家も理解不能だった。 それは、遭難した男の声とは違う、別の人間の声だった。
レコーダーのすぐそばで発せられている。 耳元でささやかれたかのように、はっきりと。

「オイ」




258 名前: アグロステンマ(東京都)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:30:44.51SHdqG7O4
育美ちゃんは小学校に上がる前にお父さんを亡くしてしまいお母さんはその後再婚もせずに働きまくって育美ちゃんを高校はもちろん、大学にまで入れてくれました。
でも、無理がたたって倒れてしまいました。それでも身体が良くなるとまた働きはじめて、そしてまた倒れて…。

そんなことを繰り返しているうちについに起き上がれない身体になってしまいました。
そして自分がもう長くないと悟ったお母さんはお守りを1つ育美ちゃんに手渡し、

「ごめんね育美。ひとりでも頑張るんだよ。でも、どうしても辛かったり耐えられなくなったらこのお守りを開けなさい」と言いました。

しばらくしてお母さんは亡くなってしまいました。
育美ちゃんはお母さんに貰ったお守りをお風呂に入るとき以外は肌身離さず持ち歩いていました。あるとき友達(Nちゃん達)とプールに行ったとき更衣室で育美ちゃんのお守りの話になり、中を見てみようということになったそうです。

最初は断った育美ちゃんもお母さんが亡くなってからだいぶ経っていたこともありまあいいかと思ってお守りの中をのぞいてみました。するとそこには1枚の紙が折り畳んで入っていました。なんだこれだけ?と拍子抜けした育美ちゃんがその紙を取りだして開いてみると。

そこには…震えた文字で

「育美、死ね」

と書かれていました。




262 名前: タツナミソウ(関東)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 00:31:49.74Lz5KH7jO
俺が小学生の頃の話

うちの前に県道が通ってるんだけど、ある晩部屋で寝ていたらもの凄い音がして目が覚めた
どうやら車が事故起こしたらしい

下の階じゃ親父が飛び起きて救助にいったんだけど俺は眠くてまたすぐ眠ってしまったんだ

それから何分たったかわからないけど突然金縛りに襲われて目が覚めたらなんか足をグイグイ引っ張られるの
えっ?と思って引っ張るほうみたら血だらけのおじいさんが「足かえせ…足かえせ…」って

俺わけわかんなくてウワーッ!ってなって俺じゃありません俺じゃありませんって金縛り中だから声でなくて頭の中で繰り返し叫んでたらそのおじいさんが

「ちっ…」

って舌打ちして消えた

で、翌朝母親が近所の爺さんが昨夜うちの前で車に跳ねられてコンクリの壁と突っ込んできた車に挟まれて亡くなったときいた

救助にいった親父の話だとその爺さんの下半身はぺちゃんこに潰れて手遅れだったそうだ


後で聞いた話だけどその爺さんは夜中に徘徊する癖があったらしい

あのとき俺じゃないって言わなかったらどうなってたんだろう…
およそ20年前の話な

長文スマソ




263 名前: ショウジョウバカマ(dion軍)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:31:53.74oEE268tF BE:846053137-2BP(5558)
sssp://img.2ch.net/ico/gikog_gomibako4.gif
昨年のお盆休み明け、夜10時くらいか。帰宅のためバスに乗ってた。
俺の家は終着に近い所だから、だんだん車内にも人がいなくなってね。

「A橋」って停留所があってね。ここから少し歩くと、山の上に霊園がある。
でも反対側が新興住宅地になってるから、結構ここで降りる人いるんだ。

案の定「次は~A橋」ってアナウンスの直後に「ピンポーン」と。
で、その停留所に止まる。後ろの降車ドアが開いてしばらくの沈黙。

すると運転手が確かめるように車内を振り返り、俺に向かってこう言うんだ。
「あの~、降りないんですか?」




271 名前: カキツバタ(dion軍)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 00:33:40.90HPiUxuzv
友人の話

その友人は高層マンションに住んでいます。
彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須なのですが。
夜中に帰宅したときのことです。
エレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯したそうです。
『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』
そう思った直後、ハッとした友人は慌てて2階3階4階5階とボタンを連打しました。
エレベーターは2階は通過してしまったものの、3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開けるほどの勢いで外へ飛び出しました。
そのまま階段を駆け降りてマンションをあとにして、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。
『まぁ俺の思い過ごしだと思うけど、万が一ってこともあるしなww』
そう言った友人は、しかし夜間にエレベーターを使うのは今でも控えているみたいです。




286 名前: クヌギ(コネチカット州)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:36:33.04HlYEv7qc
>>271
どういうこと?




308 名前: マンサク(東日本)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 00:40:50.37f4Z+dXDu
>>286
外からボタン押されたのなら、エレベータ内の階ランプは点かないだろ
エレベータ内から「この階で降りる」てボタン押さないと点かない




320 名前: ラッセルルピナス(静岡県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:44:07.04KY69xHf8
姉は血を吐く、妹(いもと)は火吐く、可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、地獄くらやみ花も無き。
鞭(むち)で叩くはトミノの姉か、鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。
叩けや叩きやれ叩かずとても、無間(むげん)地獄はひとつみち。
暗い地獄へ案内(あない)をたのむ、金の羊に、鶯に。
皮の嚢(ふくろ)にやいくらほど入れよ、無間地獄の旅支度。
春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、暗い地獄谷七曲り。
籠にや鶯、車にや羊、可愛いトミノの眼にや涙。
啼けよ、鶯、林の雨に妹恋しと声かぎり。
啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、狐牡丹の花がさく。
地獄七山七谿めぐる、可愛いトミノのひとり旅。
地獄ござらばもて来てたもれ、針の御山(おやま)の留針(とめばり)を。
赤い留針だてにはささぬ、可愛いトミノのめじるしに。

怖かったのでラップ調で歌ってたら親父に殴られた




322 名前: ショウジョウバカマ(dion軍)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:44:49.30oEE268tF BE:2175563096-2BP(5558)
sssp://img.2ch.net/ico/gikog_gomibako4.gif
仕事が忙しく帰りはいつも深夜だ
にわか雨が肩を濡らすが気持ちいいくらいに思っていた。
ただ、いつもは明るいはずのエレベーターホールがやけに暗く見えた。
暗いのもすぐに理由がわかった。
何本かの蛍光灯の1本が切れている
今に始まったことじゃない。ココの管理人は仕事が遅い

エレベーターが1階に着きドアが開いてギョッとした
中に人が居る・・・ドアに背を向けじっと立っている
赤いリボンと赤のワンピース   女だ
乗り込むのを一瞬躊躇したが乗らないのも変なのでそっと入り込んだ
女に背を向けた状態で8階を押した。
ボタンがどれも押してないことに気が尽き失敗したとすぐに思った。
自分の住んでる階を押したくなかった

階上ランプを見つめながらエレベーターってこんなに遅かったかって考えていた
女は後ろを向いたままじっとして動かない
8階に着きエレベーターを降りたが女は変わらず後ろを向いている

部屋に着き少し落ち着きシャワーを浴びた
ビールを飲み二缶目を飲もうとして冷蔵庫が空なのに気づいた
近くにコンビニがある。サンダルを引っ掛けエレベーターを呼んだ
ドアが開くと女が乗っていた
さっきと同じ格好で背を向けじっと動かない




353 名前: タチツボスミレ(dion軍)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:50:39.434gs4ttDx
よし、じゃあ俺がだいぶ前にオカ板の洒落怖スレにも投下したけど、同じネタを書いてやろう

俺の母親は和歌山の高野山周辺の出身なんだ。
俺の母親の兄貴、つまり俺からすると叔父さんになる人はいまだに独身でその高野山の
実家に住んでた頃、俺が消防の頃の話。

母親から何となくだが高野山は霊験あらたかな場所だよ的なことは聞いていたので、
叔父さんに好奇心から聞いてみたことがあったんだ。
本当に子供らしい好奇心のみで、「幽霊とか見たことあるん?w」ってな。
叔父さん「何回もあるよw」ってことだったので教えてもらった。

ある日おじさんが深夜にトイレに行こうと2階の自室から1階のトイレへと降りてきて、トビラ横のトイレ
電気のスイッチを入れた。
(当たり前の話だが、トイレの電気をつけるまではトイレの中は真っ暗だったんだ。当たり前だけど。)

 中 に 女 が 立 っ て い た 。

目が合っても無言。
もちろん「ウワッ!」とか「・・・誰!?」とか「何してんの!?」とか言葉は投げかけるのだが無言。
とにかく無言でこちらを見ているだけ。
叔父さんはビビると同時に経験から「あーこりゃまずいな」と直感で感じたらしい。
こいつをどうにかしたいが、かと言って無理やり外に引きずり出すとかするのも怖い。
そこで叔父さんはなんとか穏便にすまそうと、なんと「とりあえずここじゃなんなんで、コ、コーヒーでもどうですか・・・?」
といって外のファミレスに連れ出そうとしたところ、なんと黙ってついてきたんだと。
車に乗ってる間もずっと無言。
んで、ファミレスについてコーヒー二つ頼んで、「ちょっと先に会計だけ済ませてくるわ」つってレジ済ませたら
猛ダッシュで車までいって家まで飛ばして帰ったんだと。

別に家帰ったらまたトイレにいたとかそんな話じゃなくてこれで終わりの話。
でもマジ話だけどな。




370 名前: イベリス・ウンベラタ(西日本)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 00:54:38.99C3rr61W8
ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、
その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろうとおもい、
病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。

結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、
三ヶ月ともたずにその子はなくなってしまいました。
葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、
病院で撮った写真の事を思い出しました。それを現像に出し取りにいって見てみると、
その写真が見つかりません。写真屋さんに聞いてみると、
「いや、現像に失敗して、、、」というそうです。
不審に思ったお母さんは娘の生前の最後の写真だからとしつこく写真屋さんに迫ったそうです。
写真屋さんもしぶしぶ写真をとりだし、
「見ない方がいいと思いますけれど、驚かないで下さいね。」
と写真を見せてくれました。

そこには、三人の女の子が写ってましたが、真ん中の亡くなった女の子だけが
ミイラのような状態で写っていたそうです。

それを見たお母さんはとても驚きましたが、供養してもらうといい写真を持ち帰りました。
それにしても恐ろしい写真だったため霊能者のところに供養してもらう時に
これは何かを暗示してしているのではないかとたずねました。
すると、霊能者は言いたがりません。
やはり無理に頼み込んで話を聞ける事になりました。その霊能者が言うには、

「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました。」




377 名前: ショウジョウバカマ(千葉県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:56:01.453696J5y+
>>370
怖いけど地獄に至る原因が知りたい。




396 名前: イベリス・ウンベラタ(西日本)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 00:58:44.93C3rr61W8
>>377
おそらく何の罪もない普通の少女なのに、
人間に判らない理由で否応なく地獄に落とされる理不尽さ、不可解さが怖さの元だと思うので。




392 名前: シンフィアンドラ・ワンネリ(北海道)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:57:22.489NJxRZ5O BE:1845456269-PLT(12137)
sssp://img.2ch.net/ico/anime_iyahoo.gif

オレの小学校の時のリコーダーは3つに分解できて、名前書くところが真ん中の筒にあった。
ある放課後、誰もいない教室にオレは侵入し、好きな子とオレのリコーダーの一番上の部分の
「笛 先 を 交 換 し た 」
名前が書いてある場所はそのままだし気付かないだろうと・・・
そしてその笛をペロペロ楽しんでいたオレであったが、交換してから初の音楽の授業に
悲劇は起こった。
好きな子「・・苦っ!??あれ・・・??この笛わたしのじゃない!!!」
静まりかえる音楽室
先生「どうしたの??」
好きな子「わたしのはここにも名前を書いていたのに・・・この笛にはないんです!!」
先生に笛を見せる。
ふとオレは笛先の部分の裏を見てみるとちっちゃくその子の名前が書いてあった
その子はクラスでもかなりモテてる子だった事もあり、まわりのDQNも騒ぎだした
「誰かがすりかえたんじゃね?ww」
「うわきもーい」
「こわーい」
ザワザワ・・・
先生「はい、じゃあ今からちょっとみんなの笛を見せて下さ




394 名前: オダマキ(長崎県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:58:15.43KUXhJZoO
>>392
オワタw




400 名前: セイヨウオダマキ(神奈川県)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 00:59:13.52CDBAefg4
>>392
交換したらまずじっくり見るだろうし
名前書いてあるのに気付かないわけない




429 名前: 姫カンムリシャジン(関西)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:03:01.926zpGveHV
>>400
俺のクラスでリアルであったぞ、犯人のI君は公開尋問で立ったまま気絶した




398 名前: シンフィアンドラ・ワンネリ(北海道)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:58:58.369NJxRZ5O BE:1435354676-PLT(12137)
sssp://img.2ch.net/ico/anime_iyahoo.gif
俺が小学生の頃の話。

俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、
地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。
ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって 、壁に
「わたしは ひだり に いるよ」
と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に
「わたしの からだは このしたにいるよ」
と書いてあった。下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」
俺は急いで、その部屋の窓から飛び降りて逃げた。
それからはもう、その場所には近づいていない。




404 名前: クサノオウ(群馬県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 00:59:30.17Z9WYVO9o
さっき、コンビニに行ったら3人の客がいたんだけど
3人ともハゲてて笑った。店員も一人いたんだけどハゲてた。
あんな狭い空間に5人もハゲがいるなんてマジで笑えるよ。




410 名前: カキツバタ(dion軍)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:00:30.96HPiUxuzv
>>404
おいハゲ




407 名前: シザンサス(関東・甲信越)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:00:13.99tfHATM7z
ある日の夜、
「大変よ!殺人鬼が来ているの!早くみんな逃げて!」
と叫びながら姉が家に帰って来た。
???家族みんな何の事か分からない。
しかし怖いので確認のため、
「本当に殺人鬼が来てんの?どこに?」
と姉に質問してみた。
「本当!もう隣りの家まて来てるのよ・・・」
と姉は震えながら小声で言った。

その時だった、
「そんな訳ないじゃん~www!」
いきなり隣りの家から大爆笑が聞こえた。

僕達は急いで家を出た。




458 名前: シュッコン・バーベナ(関西・北陸)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:09:41.83fkvKS5JS
>>407はどういう意味?



461 名前: トウゴクシソバタツナミ(北海道)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:10:22.35ELQ0Qxox
>>458
お前となりの家の会話聞こえる?




412 名前: シンフィアンドラ・ワンネリ(北海道)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:00:46.639NJxRZ5O BE:1093603384-PLT(12137)
sssp://img.2ch.net/ico/anime_iyahoo.gif
松谷みよ子「現代民話考」にでていた話。
終戦から幾らもたってない頃と思われます。
当時の家は、台所が土間のままってのいうのも多かったんですね。
記憶を頼りに書いてるので細部はちがうかも。

タクシー運転手の奥さんが、まだ五才になったばかりの子を
残して亡くなった。
父親は仕事ででかけている時間が長く、そのあいだ隣の家に子どもを
預けていたのだけれど、深夜になっても帰ってこないのものだから、
親切で面倒をみていた隣人もさすがにしびれを切らして、子どもを
ひとりの家に帰してしまうことも多かった。
子どもは寂しくて、父親が帰ってくるまで、親の名を呼んで
泣いていたそうだ。
ある晩、子どもの泣き声がぴたっと止まり、笑い声が聞こえてきた。
隣人は、「ああ父親が帰ってきたのだな」と納得したのだけど、
そのしばらくあとに父親の帰宅する音が聞こえてきて、
「父ちゃんおかえり」と子どもが出迎えている。
そうした夜が何晩かつづいて、不審になった隣人はある晩、子どもの
様子をみにいった。
子どもは、暗い部屋でひとりで喋っては笑っている。
その様子が、だれかと話しているもののようなので、翌日、父親に
そのことを話した。
父親は、子どもに毎晩だれと話しているのか、とたずねた。
「母ちゃんだよ。おいらが寂しくて泣いてると、母ちゃんがきて、
だっこしたり、頬ずりしたりしてくれるの」
「それで母ちゃんはどっから入ってくるんだ?」
子どもは、土間の縁側を指さした。
「あの下から、にこにこしながら這ってでてくるよ」

それから父親は仕事をかえて、早く帰宅するようになったそうだ。




419 名前: ケブカツルカコソウ(大阪府)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:01:52.17tvA17EN0
さっきがんばって歯磨きしてきた
あとはうんこ行くだけだ・・・




420 名前: ダンコウバイ(栃木県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:02:09.31Nwx5P/m1
怖い話結構だけど
読むの面倒だから2行くらいで頼む




473 名前: シンフィアンドラ・ワンネリ(大阪府)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:11:56.65UahYnNqa
>>420
剥いたかさぶたをゴキブリが食ってた




740 名前: ベニバナヤマボウシ(コネチカット州)[] 投稿日:2009/05/11(月) 02:04:50.400jC8erG8
>>473
そういや虫が俺のハナクソを運んでるのを見たことあるわ




421 名前: ポピー(愛知県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:02:21.25FEN6VoaZ
ある男の所に、見知らぬ紳士が箱を持ってやってきた。その箱にはボタンが付いていて、
それ以外には何も仕掛けらしきものは見あたらなかった。その紳士は穏やかな口調で
男に言った。
「あなたがこのボタンを押すと、どこか遠い場所で、あなたの知らない人が死にます。
そのかわり、このボタンを押して頂けましたら、あなたに100万ドルを現金で差し上げましょう。」
そう言うと、紳士はボストンバックを開き、中に詰め込まれた札束を見せた。
男が躊躇うと、紳士は3日後に箱を取りに来るから、それまでに決心して欲しいと言って
去っていった。
男は悩んだが、誰も知らない人間なのだからと、最後の日にボタンを押した。翌日、
紳士が現れ、男に礼を言って100万ドルと引き替えに箱を回収した。紳士が会釈して
去ろうとしたとき、男は紳士に尋ねた。
「本当に人が死んだのか?」
すると紳士は答えた。
「はい。確かに昨晩、遠い場所で、あなたの知らない人が死にました」
男は良心が痛んだが、目の前の札束を見て自分を納得させた。
「もう一つ教えてくれ」
「はい、何でございますか?」
「その箱はどうするんだ?」
すると紳士は微笑んで言った。
「どこか遠い場所の、あなたの知らない人に届けます」




433 名前: ポピー(愛知県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:03:50.26FEN6VoaZ
ある農家では、畑に忍び込んでスイカを食べてしまう奴がいるのに手を焼いていた。
いい対策はないかと知恵を絞った末、最高のアイデアを思いつき、看板を作って畑に貼り出した。
翌日スイカ泥棒が畑に来てみると、看板は次のように書いてあった。

「!!警告!! この畑に、青酸カリ入りのスイカ 1 個あり」

その翌日、農夫が畑に出てスイカを確認すると、はたして1つも盗られていなかった。
ただし、看板には次の文句が書き加えられていた。

「今 は 2 個」




462 名前: イベリス・ウンベラタ(西日本)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:10:22.76C3rr61W8
洒落怖には、差別的意識を助長する意図をこめて作られたんじゃないかって思われる話が結構あるよな。

被差別部落民や朝鮮人が、2chのようにあからさまに貶められるわけじゃなく、
むしろ「そんな差別はいけないことなんだけど」と前振りした上で、
しかし話を読み終わると「あいつらやっぱり不気味だよな」と思わせるような。

有名どころじゃ
ことりばこ、裏S区、リョウメンスクナ等。


http://syarecowa.moo.jp/108/23.html
こんなのが「怖い話」の一種として殿堂入りし、
そぐわないからと外せという少なくない意見も退けられている点を思うとなおのこと。




479 名前: マンネングサ(長屋)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:12:52.339evSmgYs
長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」
と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。
爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。
すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする

「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。
けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。
「うっせえ! じいさんはいねーよ!」
すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ。




480 名前: マンネングサ(長屋)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:13:13.319evSmgYs
すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す
「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く
詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ
今晩も伝説のリリックが聴ける。ストリート生まれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだ
キャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツをきたじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する
重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ
「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO! 
 違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO!
 (ドゥ~ン ドゥンドゥンドゥ~ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事の時間!
 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフで息抜き!
どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI!
 SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」
じいさんのプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ
まだ俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージがマシンガンのようにばあさんの口から飛び出していく
本物のヒップホップ。それがここにあるのだ




507 名前: ノボロギク(福岡県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:16:59.63cRIv25aJ
>>479-480
笑ってしまった




499 名前: ユキノシタ(北海道)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:15:45.218BvEy+Rn
なんかどれも狙って作ったかのようなコピペで怖くないなぁ
なんかお前らの怖い実体験聞かせてくれよ




508 名前: ジンチョウゲ(愛知県)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:17:01.281+v1YB80
>>499
知り合いのお通夜の前の昼に壁にかけてあったカレンダーがいきなり落ちたこと




514 名前: マリーゴールド(神奈川県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:17:45.37R8VXdRqg
>>499
27なのに無職
職歴も無い




517 名前: カンパニュラ・アーチェリー(東京都)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:18:03.72P6SQH/oW
>>499
小学生のころ、開けたまま1週間ぐらい放置しといた袋インスタントラーメンを調理して、
一口食べたところで芋虫みたいなのが浮かんできた




588 名前: シンフィアンドラ・ワンネリ(福岡県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:30:55.75gUw8Pgq+ BE:219279528-PLT(15101)
sssp://img.2ch.net/ico/u_naoruyo_bath.gif
>>499
小学生の時に近所の子供が行方不明になって、当時は家の前の用水路に落ちたんじゃないかと言われてた。
結局見つからなくて、子供を無くした家は元々資産家だったのに兄がグレたり事業が上手くいかなくなったりで寂れていった。

で、何十年も経ったある日、庭の整理に業者が入って片付けしてたら古い冷蔵庫の中に行方不明の子の死体があったらしい。




515 名前: ノミノフスマ(catv?)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:17:55.27PL08NIR2
私は瀬戸内海の小さな島にある集落に住んでいました。
村は浜に沿って広がっていて、島の真ん中の一番高みには
ものすごく古い神社が建っていました。その神社に向かう道はなく、
しかも神社の周りを幾つもの古井戸がぐるりと取り囲んで存在
しているので、村の大人ですら神社に近寄ることはなく、
わざわざ船で兵庫県や岡山県と言った本土の神社を利用して
いたようです。言い伝えでは島の神社には古い刀が
納められていて、それを御神体としているということでした。

 ある日、友達2人(仮にA、B)にこの話をしたら、
二人とも興味津々で、私達はその神社に行く事にしました。
森の中は暗く、また雑草などが生い茂っているので懐中電灯と
草刈の鎌を持って神社に向かいました。
祖父には神社に近づかないようにキツク言われていたのですが、
私は井戸の跡が危ないからだろうと思っていました。
古井戸にさえ気を付ければいいや、と。




520 名前: ノミノフスマ(catv?)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:19:07.46PL08NIR2
 私を含めた3人は、肩くらいまである雑草を刈りながら進みました。
すると先頭を歩いていたAが
A「おーい!バリ深い穴があんでー!」
と叫んだのでみんなで恐る恐る覗き込みました。
穴はものすごく深く、底には水は無く何か鋭利な杭のようなものが
一本そそり立っていました。
A「なー、これ罠とちゃうんか?」
私「ほんまや、これ落ちたら刺さるでー!」
私達は恐ろしさを感じながらも、ここまで来たので神社を見たさに進みました。

B「なーなー、最初に比べて草が低ぅーない?」
そう言えばこの付近は何かに踏み荒らされたように草が低い。
ふと前方には既に神社の屋根が見えている。私達は神社に
恐る恐る近づきました。「こん中に剣があるらしいで」
と私が言うとふたりは興奮してじゃあ探そう!と言うことになりました。
で、AとBが神社の扉を開けた。すると中には2mくらいの赤茶けた棒が
転がっていました。近づいてみると、それはさび付いた刀のようなもので、
どうやら床に刺してあったらしいが錆びて腐って倒れたみたいだった。
するといきなり後ろでBの叫び声が聞こえた
B「うわぁ!!これ見て!!」
A&私「何!?」 
B「これこれ!  ・・・ほら!」
Bは泣きそうな声で床を指差していました。そこを良く見ると、
40センチほどの赤く濡れた跡が!それは血のようにも見えました。
私「何?これ?」
B「わからん・・・」




531 名前: ノミノフスマ(catv?)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:21:04.34PL08NIR2
A「・・・足跡かも・・・・」
みんなが思っていたことをAが口にしました。改めて口にすると、その
存在を認めてしまったような気分になって居ても立ってもいられないくらい
恐ろしくなりました。
私「帰ろう!」
私達は神社を飛び出して走りました。すると上の方で「ドカッ!」っと音が
し、「グヴォー!」と雄たけびのようなものが聞こえたので泣きそうになりながら
振り返ると、神社の屋根の上に巨大な怪物が跳ねていました。
その怪物は皮を全部ズルッっと剥いたように真っ赤でぬめぬめ濡れており、人型で、
しかもその顔の真ん中にはサッカーボールほどの目がひとつだけあり、口は耳まで
あろうかと言うほど裂けていました。
もう私達は泣きながら逃げましたが、赤い怪物はすばやく、古井戸のところで
追いつかれそうになりました。「グヴォー!」と吼えながら追いかけてくるので
もう1mほどまでに接近しているのが分かりました。
しかし、古井戸を越えると突然怪物は諦め、私達は無事に家まで走りました。




544 名前: ノミノフスマ(catv?)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:23:21.00PL08NIR2
私達が祖父に泣きながら事情を説明したところ、祖父は恐ろしい表情で、
「それは島の神さんや、まぁ神さんっちゅうても人を喰らう妖怪ながな。
大昔に封印しとったんが出てきおったんぞ」
といいました。確かに神社の刀は錆びて折れていました。しかしこの刀のが錆びて
折れることを見越した当時の島民が、神社の周りにも結界を作ったので
その中からは出られないとのことでした。私達が古井戸の中に見たのも、あの
錆びた刀と同じもので、念のために作られたそうです。そのおかげで私達は
生き延びることができたようでした。
一番後ろを走っていた私の服には、赤い怪物の表面のぬめぬめがついていました。
怖かったので祖父に処分してもらったのですが、祖父は次の日に亡くなりました。

ちなみに古井戸の結界も長くないと判断したのか、だいぶ昔にその集落は人が去って
なくなりました。今もあの島には赤い怪物がいるかと思うと・・・
赤い怪物が泳げないことを祈るばかりです。




527 名前: ダンコウバイ(栃木県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:20:18.57Nwx5P/m1 
viploader1011142.jpg 



530 名前: ねこやなぎ(神奈川県)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:21:00.98h7RDkvd9
去年の秋、時刻は午前5時頃、友人と釣りに出かけた。
場所は近所の沼津。
釣り道具を持ち友人と釣り場まで一方通行の道を歩いていた。
途中公園に差し掛かろうとしたとき、幼稚園児であろう子供3人ほどが公園前の道路でしゃがんでいた、しゃがんでいる場所に子供が一人倒れていた。
友人と「何事か?」と思い近付くと倒れてる子供は頭が片側完全に潰れ、脳が飛び出していた、もう片側は眼球がが飛び出し、口から少量の血が出ていた、
しゃがんでいた子供達は倒れてる子供の脳を掴んだり、眼球があったであろう穴から出たゼリー状の物質を遊び道具?のコップに入れたりして遊んでいた。
僕らは即通報。
轢き逃げだったらしい。
もう釣りどころではなかった。




551 名前: オキナグサ(千葉県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:24:10.13k2VvEcsD
お前らの実話聞かせろよ



681 名前: シラネアオイ(九州)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:49:09.15XYA0qJ7X
>>551
うちのばあちゃんがキチガイみたいになって死んで、その一周忌に
ばあちゃんの姉さんが死んで、ばあちゃんの姉さんの葬式の日に
参列者が二人死んだ。
25年前の実話。




583 名前: シンフィアンドラ・ワンネリ(大阪府)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:30:09.28UahYnNqa
>>551
タイマーで電源がオフになる携帯使ってて、
夜の二時にオフになっているのを忘れてて携帯開いたんだが、
知らない顔が映っていたことがある
角度から考えて、背後の窓あたりに何かいたんだと思う




614 名前: ショウジョウバカマ(コネチカット州)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:35:09.53dV+fUZZX
>>583
そいつは不細工だったか?




628 名前: シンフィアンドラ・ワンネリ(大阪府)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:37:32.12UahYnNqa
>>614
髪は長かったよ
目は大きかったから顔だって分かった
2階の窓なんだが、すだれがかけてあるので部屋の中だと思う




552 名前: プリムラ(catv?)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:24:30.90eTgJHLIW
2001年の秋
風邪ひいてて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。
で、あたまがぐわんぐわんと痛くて、目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。
そこで記憶が途絶えて、気がついたら夕方で、あたりは見知らぬ景色。
買ったことない服着てて、髪染めたこともなかったのに茶髪になってた。
パニクって近くのラーメン屋に入って、ここどこと聞いた。大阪市の福島駅の近くで、時間が一年
近く経ってた。ケータイの種類が変わってた。アドレス帳には、「ま」とか「ひ」とか、一文字の
名前で電話番号が10程度あったけど、知り合いや実家の電話番号がない。
俺はなぜだか知らないがその知らない電話番号が恐ろしくて、川に捨てた。警察から実家に連絡した。
向こうもパニクってた。俺に捜索願が出てた。
とにかく、帰って、今もまだ月一で精神病院に通ってる。仕事は元の会社には帰れないみたいだったので、今は派遣やってる。




575 名前: マムシグサ(熊本県)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:28:25.35TvJbIYtV
関東地方のある廃墟にて・・・

扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
って書いてあったので仲間と夜中の廃墟に入りました。
先に進むと分かれ道があって
「わたしは ひだり に いるよ」
みんな左に進みました。すると突き当たりの両側に部屋があって突き当たりの壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
って書いてありました。仲間3人は半狂乱で逃げようとしましたが
俺は勇気を出して右の部屋に行きました。すると・・・
「わたしの からだは このしたにいるよ」
下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」

俺は発狂して 「もう助からない!!」と思ったときに!!!



マラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラ・・・・・・・

「チンポヘリが来たぞ!!!」




589 名前: ベニバナヤマボウシ(コネチカット州)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:31:05.97TYCoKOoN
何年か前に田舎のおばあちゃんの家に行ったときのこと。
夕方そこで飼っている犬を連れて散歩に出ることにした。
あたりは人通りも何もない山なので、犬を離して遊ばせていたら、突然犬がすごい勢いで藪の中に飛び込んでいき何やら大騒ぎしはじめた。
ただならぬものを感じて、犬の後を追って藪に飛び込んでみると、なんと犬が野生の雉を捕まえている。
あまりのことに驚きつつ様子を眺めていると、ふと何者かの得体の知れない気配を感じた。
恐る恐る頭上の木を見上げてみると、一匹の猿がこちらをじっと見ていた。




608 名前: カントウタンポポ(島根県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:34:10.480SF4G+Ln
>>589
きび団子は持ってたか?




598 名前: チャボトウジュロ(東京都)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:32:41.17bXo0GEs/
ぼくがまだ小学6年生のとき、姪が亡くなった。
姪は当時14歳で、ぼくにとっては姉のような存在だった。
葬儀のあと、僕はダダをこねて、親戚の家に泊めてもらった。
深夜、最後に1人で姪の死体を愛でようと仏間に行くと、
おじさんが姪の死体を犯していた。ぼくは水差しを取りに戻った。




621 名前: シザンサス(関東・甲信越)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:36:58.390gFuzXzs
これもう出た?

友達と二人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、近くの山道に惨殺事件があってからも未だに取り壊されず残されてた民家があるので夜中に行ってみた。
玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の部屋、階段から二階へ行き、子供部屋からベランダ、母親の部屋、階段を降りて一階へ。最後に家をバックに一人ずつ。片っ端から写真撮って帰った。

んで今日。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。

何も写ってないのだ。
もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「・・おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」
「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、一軒あるから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする




629 名前: カキツバタ(dion軍)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:37:58.36HPiUxuzv
>>621
二人が殺してたってだけだろ




644 名前: ラッセルルピナス(静岡県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:40:13.54KY69xHf8
家に引き篭もりすぎて
自分の歳わからなくなってる




650 名前: コデマリ(千葉県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:42:27.39RGJVfWYT
コピペっつーかなんつーか…だんだん頭おかしくなってくる
http://www.23ch.info/test/read.cgi/famicom/1085888394/
↑コイツ




680 名前: 菜の花(福岡県)[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 01:49:01.80c9WjGBrJ BE:1858848858-2BP(2)
sssp://img.2ch.net/ico/hikky_xmas_2.gif
>>650




689 名前: チャボトウジュロ(東京都)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:51:44.70bXo0GEs/
>>680
ゲームスレの>>1の様子がおかしい

徐々にレスがキチガイみたいになっていく。

すると事件発生、続きはスレで。




702 名前: チャボトウジュロ(東京都)[] 投稿日:2009/05/11(月) 01:55:30.51bXo0GEs/
本当に危ないところを見つけてしまった・・・
2004年9月12日の夜、2ちゃんねるオカルト板にとあるスレが立った。

「蓋」
http://www.geocities.jp/hontouniabunai_kai/index.html

終わったなお前ら全部読むのに明日の昼までかかるぜ




744 名前: ラッセルルピナス(静岡県)[] 投稿日:2009/05/11(月) 02:07:42.66KY69xHf8
前を歩いていた小学生二人が突然片方が立ち止まり
「あ!おれ、学校に忘れてきた!」
「え?何を?」
「将来の夢!」(たぶん宿題か何かの題名)
と言って戻って行ったのを見て、ちょうどその後ろを歩いていたおじさん二人が
「俺も忘れてきた気がするな~」
「気づいても取りに戻れないだろ~」
とか言ってて吹きそうだった。




関連記事
[ 2009/05/14 22:59 ]
性機能改善!ED治療薬| 怖い話 | TB(0) | CM(51)
フレッツ光申込みで≪最大82,000円キャッシュバック!≫ 為替取引を始めるなら≪DMM FX≫









ほむ☆プラス

俺妹プラス

アズプラス




36351
[ 2009/05/14 23:26 ] [ 編集 ]
36352
おつかれさまでした
[ 2009/05/14 23:33 ] [ 編集 ]
36355
>>14の意味が全くわからん。
[ 2009/05/14 23:51 ] [ 編集 ]
36359
>>14は元々お腹の中の子どもの観察記録みたいなので
奇形なのが分かって堕ろしたみたいな話を怖い話系に改変したものらしい。これ自体はナポリタンみたい。
元々の日付は出産予定日だったらしい。
コレも他所で見た書き込みがソースなのでホントかどうかはしらん。
[ 2009/05/15 00:38 ] [ 編集 ]
36360
誰か>>183をzipで
[ 2009/05/15 00:59 ] [ 編集 ]
36363
なぜ「お憑かれさまでした」まで載せない
[ 2009/05/15 01:31 ] [ 編集 ]
36364
不意打ちの画像で心臓がビクッとなった。
[ 2009/05/15 01:38 ] [ 編集 ]
36365
画像のせんじゃねえよボケ
[ 2009/05/15 01:41 ] [ 編集 ]
36366
なら俺は>>149のzipを要求する
[ 2009/05/15 01:42 ] [ 編集 ]
36368
>>89
就寝につく…だと…?
[ 2009/05/15 01:53 ] [ 編集 ]
36370
650のやつって、最後まで読んで自演ってことだと判断してたんだが、違うのか?
[ 2009/05/15 02:22 ] [ 編集 ]
36373
>>702
これは?
[ 2009/05/15 03:26 ] [ 編集 ]
36375
>10センチくらいあるムカデだった
昨日、同じ体験した。
というか、今のアパートに引っ越してから二桁ぐらい遭遇して慣れてきた。
田舎はこれだから困る。
[ 2009/05/15 04:34 ] [ 編集 ]
36377
>>258はどっかの馬鹿が考えたクソツマラン改変だからフリもオチもない
実際はもっと長いコピペでお守りの中は
「育美しあわせにね」で号泣したって話
[ 2009/05/15 08:30 ] [ 編集 ]
36381
702みてないけど、たぶん同じ内容の別のまとめサイトを見たことがある

なんかどっかの山の中にある小屋の横に穴があって
そこの中になんかやばいもんがあるって報告があった
で、スレ内の有志でそこいって中はいってみようだかなんだかって流れなんだが
実際の場所に行ったやつらがなんだかんだで入ったりしないで
進展がないままかなりスレ消費

で、ここまで読むのに3日くらいかかってて飽きてやめた
最後がどうなったか知らん
[ 2009/05/15 10:15 ] [ 編集 ]
36382
流石寺生まれだぜ・・・
[ 2009/05/15 10:24 ] [ 編集 ]
36384
だれか650に書かれている
発生した事件ってやつを要約してくれ
[ 2009/05/15 11:46 ] [ 編集 ]
36385
人間プレスについてkwsk
[ 2009/05/15 12:07 ] [ 編集 ]
36387
画像を載せるなら閲覧注意ぐらい書いとけ
怖いだろーが!ボケ!
[ 2009/05/15 12:48 ] [ 編集 ]
36388
画像載せんなボケ
[ 2009/05/15 13:26 ] [ 編集 ]
36390
画像怖すぎる…
[ 2009/05/15 14:10 ] [ 編集 ]
36391
>※36384

【イラク日本人青年殺害事件】

↑コレ?
[ 2009/05/15 14:22 ] [ 編集 ]
36392
画像載せるなよぉおおおお!!!
怖いじゃねーかよ!バカ!
[ 2009/05/15 14:26 ] [ 編集 ]
36395
普通画像のせねーだろ
せめてリンクにしろ馬鹿野郎
[ 2009/05/15 15:27 ] [ 編集 ]
36396
不覚にも死姦で勃起した
[ 2009/05/15 16:01 ] [ 編集 ]
36397
昨日の夜怖くて見れなかったけどやっと見れた
[ 2009/05/15 17:06 ] [ 編集 ]
36398
画像リンクにしろ馬鹿
[ 2009/05/15 17:35 ] [ 編集 ]
36399
画像リンクにしろバカ野郎 

びっくりしたじゃないか・・・・・もうやだ
[ 2009/05/15 18:00 ] [ 編集 ]
36400
読んでたらかーちゃんが部屋ノックして声上げて驚いてしまった
[ 2009/05/15 18:02 ] [ 編集 ]
36401
画像リンクにしろ
[ 2009/05/15 19:05 ] [ 編集 ]
36402
スレに怖い話一杯あったけど
画像にびびってるやつのコメがかわいすぎて和んだわw
[ 2009/05/15 20:06 ] [ 編集 ]
36403
うわーん!!
画像マジ怖かった!!
[ 2009/05/15 20:41 ] [ 編集 ]
36409
画像マジびびった……。
リンク貼れ馬鹿野郎。

こういうコメント見て
管理人はニヤニヤしてるんだろうなぁ……。
[ 2009/05/15 22:58 ] [ 編集 ]
36410
画像怖いマジ泣く
[ 2009/05/15 23:04 ] [ 編集 ]
36411
「私メリーさん。今貴女の部屋の前に着いたわ」
そしてメリーさんが部屋に踏み込むと、そこにはベッドの下に潜んでいたと思しき、斧男の凶刃を白羽取りする女性の姿が会った。
「人のシマで何さらしとんじゃい!!」
メリーさんの突撃に吹き飛ばされた斧男は、窓ガラスを割り高層マンション階下の闇へ消えていった。
「テメーもじゃあ! 何ガンくれてんだ!?」
「うひッ!?」
遠巻きに事態を静観していた隙間女も、メリーさんの恫喝に引っ込んでしまった。
この後騒ぎに駆けつけたテケテケと口裂け女が、黄色い救急車を呼んで斧男を搬送し、メリーさんを宥めて帰っていったのは、夜も明けた頃だったという。
[ 2009/05/15 23:26 ] [ 編集 ]
36412
24の供養と称して霊を呼ぶ儀式に誘導するスレ、オカ板もぐりに詳しく載ってたな。

あのサイトもう更新されてなくて残念。他にオカ板のまとめブログないかな
[ 2009/05/16 00:53 ] [ 編集 ]
36413
※欄
あなたたち、覚悟してきてる人…ですよね
オカルト系スレを見るってことは逆に恐い画像を見るハメになるかもしれないって危険を常に覚悟してきてるってわけですよね…
[ 2009/05/16 01:36 ] [ 編集 ]
36414
大体コピペブログってリンクだけ貼って閲覧は自己責任~ってとこが多いんで。
文章は見れても画像は駄目だYO!ってひともいるんじゃね?

つかマジで画像こええよ管理人wwwグロじゃないだけいいけどさ。
[ 2009/05/16 01:49 ] [ 編集 ]
36415
挿絵の無いホラー小説は喜んで読めても
音と画像がついてるホラー映画は見れない人間参上
[ 2009/05/16 02:31 ] [ 編集 ]
36417
この時間にあの画像はマジ勘弁…
[ 2009/05/16 03:39 ] [ 編集 ]
36419
36見て、やっぱり本当に怖いのは生きている人間だと再確認した

なに実体もないのに怖がってるんだよ

本当に怖いのは包丁振りかざしてくる基地外や集団でリンチやイジメをする人間だろ

後ろについてくる系だって生身の人間がついてくるほうがよっぽど命の危険を感じるよ
[ 2009/05/16 08:07 ] [ 編集 ]
36420
>>24
が気になるんだけど
[ 2009/05/16 10:39 ] [ 編集 ]
36425
読んでたら寒気がしてきて何とも言えない嫌な気配が…(;ω;)
[ 2009/05/16 15:02 ] [ 編集 ]
36426
322って、盾一箇所だけ?
[ 2009/05/16 15:31 ] [ 編集 ]
36428
画像はいかんだろ
[ 2009/05/16 17:23 ] [ 編集 ]
36450
※36413
覚悟とは!犠牲の心ではない(泣)!
[ 2009/05/16 22:27 ] [ 編集 ]
36460
>>702は、最後よくわからない釣り宣言の後、実際に何回も調べに行っていた(らしい)メンバーだけが
納得した風のコメントを書いて終了。

散々ひっぱったあげくオチが非常に弱い。
[ 2009/05/17 03:00 ] [ 編集 ]
36569
妖怪系の話は面白いな
洒落怖で読んだ、悪魔に遭遇してから
他人の思考が読める様になった話とか、
廃トンネルに現れるの蜘蛛女も面白かった
[ 2009/05/17 20:36 ] [ 編集 ]
36592
245ってSOSの救難文字画像の事件のやつだっけ?
[ 2009/05/18 00:07 ] [ 編集 ]
36609
破ぁーーー!!

は、いつ見ても怖さが吹っ飛ぶなw
[ 2009/05/18 10:29 ] [ 編集 ]
99394
介護母を井戸に(ryの話は、新潮文庫に書いてあったやつだろ。
[ 2011/06/06 17:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
















管理者にだけ表示を許可する



sssss 「とある科学の超電磁砲 #1」 無料配信中!
感謝!
AKB48 LIVE!! ON DEMAND DMM.make 3Dプリント
最新TOP絵
top_20101203155901.jpg 
↑叙火さんから
ぼめおさんから↑

日本の経済・ビジネスニュースさんから↑
top.png 
KAN GAMER(kotoさん)↑
ぱよちん界の小物 闇のキャンディーズ氏推奨コーナー
ぱよぱよちーんでおなじみの通称しばかれ隊 その中でも小物の新潟○報社部長 闇のキャンディーズ氏が喉から手が出る程欲しい物を集めたコーナー。
おすすめ